【今さら聞けない】品質の仕事とは 品質に関わる仕事内容や種類について徹底解説

品質の仕事とは 品質の基礎

こんにちは、かじつとむです。

前回、品質についての話を説明させていただきました。

では具体的に品質を取り扱う仕事とはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回はそれぞれの品質に関わる仕事内容種類について解説します。

この記事を読んで以下のことがわかります。

  • 品質にかかわる仕事の内容ついて理解できる
  • 品質にかかわる仕事の種類について理解できる

それでは、いってみましょう!

品質の仕事とは:品質のおさらい

品質の仕事 設計品質と製造品質

まずは、簡単に品質とはどういうものなのかを簡単におさらいします。

品質とは、顧客によって決まり、顧客が満足するものは品質が高いといえます。

顧客が満足するために企業としては2つの品質があります。それが設計品質製造品質です。

設計品質とは、顧客に何を提供するのかを考える品質をいいます。
この品質が高ければ高いほど、コストは上がりますがその分機能が高いものができます。

一方で製造品質とは、設計品質を示した仕様や図面に対して過不足なくつくる品質をいいます。
この品質が高ければ、高いほど機能を維持しながらコストを下がったものができます。

品質についておさらいができたところで、次は品質に関する仕事について紹介します。

品質に関わる3つの仕事

品質の仕事 全体像

品質に関わる仕事は主に3つにわけられます。

  • 製品開発または商品開発
  • 品質管理
  • 品質保証

それぞれの仕事について具体的に解説します。

品質の3つの仕事 その1:製品開発または商品開発

製品開発・商品開発は設計品質を管理する仕事です。
製品開発・商品開発の目的は、いかに売れるものやサービスをつくれるかになります。

製品開発・商品開発の仕事は、主に商品企画・開発・設計・試作・評価にわけられます。

商品企画とは、魅力的な商品をつくるために商品の企画や構想を練る仕事です。
市場調査や顧客クレーム等から次の商品のコンセプトや顧客に提供する価値を決めます。

開発とは、商品企画で決まったコンセプトや価値を実現する商品を考える仕事です。
また、コンセプトや価値を提供するために必要な評価項目を決めるのも開発の仕事です。

設計とは、開発で決まった商品の具体的な形状・寸法・材料・検査項目などを決めて図面に書き起こす仕事です。
この図面が設計品質のすべてとなり、これを間違えるとコンセプト通りの商品ができなくなります。

試作とは、商品設計をした図面をもとに商品をつくる仕事です。
このとき、工場でつくることを想定して、誰でも簡単につくれるような手順なども考えていきます。

評価とは、試作でつくった商品がコンセプト通りの価値を提供できるか実験をして判断する仕事です。
もし、コンセプト通りの価値を提供できない商品であった場合、設計や開発にフィードバックして再度商品を考えていきます。

以上が製品開発・商品開発の仕事です。

品質の3つの仕事 その2:品質管理

品質管理は製造品質を管理する仕事です。
品質管理の目的は、不良や労務費を削減しコストをどれだけ下げられるのかになります。

品質管理の仕事は、主に生産技術・製造・検査にわけられます。

生産技術とは、商品を量産するための工程をつくったり、量産に必要な設備の導入や工場のレイアウトなどが仕事となります。
生産技術によって商品をつくるためのムリやムダを削減することが目的となります。

製造とは、工場で加工や組み立てを行なって商品をつくる仕事です。
商品をつくる際に決められた手順や寸法を守ってつくる必要があります。もし決められた手順や寸法を守らなければ、不良をだしてしまい企業にとっての損失が発生してしまいます。

検査とは、商品の品質を判断して不良を除去する仕事です。
不良が顧客にわたってしまうと市場クレームやリコールなど、会社の甚大な損失や信頼の失墜、対応による膨大な時間などさまざまな悪影響をおよぼします。
そのため、検査によって不良を顧客に渡さないことが第一優先となります。

以上が、品質管理の仕事になります。

品質の3つの仕事 その3:品質保証

品質保証とはどのような仕事でしょうか?また、品質管理とは何が違うのでしょうか?

品質保証は国際規格であるJIS規格によって以下のように定義されています。

品質要求事項が満たされるという確信を与えることに焦点を合わせた品質マネジメントの一部

JIS Q 9000

少しわかりづらいですが、要するに顧客に対して品質を保証する仕事を品質保証といいます。

ここでいう品質は製造品質だけではなく設計品質を含めたすべての品質のことをいいます。
すなわち企業全体の品質を顧客に保証することが品質保証の仕事になります。

また、品質管理と品質保証の関係は、「品質管理」という手段をもちいて顧客に対して「品質保証」をするという解釈ができます。

製造業における品質の仕事とは:まとめ

いかがでしたでしょうか?以下まとめです。

  • 品質の仕事は主に、製品開発または商品開発・品質管理・品質保証の3つにわけられる
  • 製品開発また商品開発とは、設計品質を管理する仕事である
  • 品質管理とは、製造品質を管理する仕事である
  • 品質保証とは、顧客に対してすべての品質を保証する仕事である

品質にかかわる仕事はこんなにも細かく、それぞれ重要な役割があるって驚きですよね!

みなさんもこの機会にぜひ品質に関わる仕事について興味を持っていただけたら幸いです。

品質管理についてもっと勉強したい方へ

品質に関わることや品質管理についてもっと勉強したい方は「〈図解〉基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみ」がおすすめです!

created by Rinker
¥1,760 (2022/09/29 11:20:57時点 楽天市場調べ-詳細)

この本では、品質とはどういうものなのか、品質管理とはいったいどういった仕事なのかについてわかりやすく解説しております。

具体的には品質を守るための検査や予防について、データを数値化する方法、問題解決手法など、QC7つ道具についてといった品質管理に関わる内容を一通り理解できるような本となっております。

品質管理の仕事について知りたい方や、品質管理ってどういう仕事なのかわからない新入社員、品質管理の仕事を説明する中堅社員の方にもぜひおすすめの本となっております。

created by Rinker
¥1,760 (2022/09/29 11:20:57時点 楽天市場調べ-詳細)

みなさんもぜひ品質管理について少しでも興味を持っていただけたら幸いです!

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました!

新しい学びを探すならUdemyがおすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました